水いぼ

水いぼとは

水いぼとは伝染性軟属腫と呼ばれ、伝染性軟属腫ウイルスというウイルスが皮膚に感染しておこる感染症の一種です。皮膚に伝染性軟属腫ウイルスが感染すると、皮膚につるっとした水っぽい光沢のあるいぼができます。いぼの中身は液体ではなく、感染したウイルスと変性した皮膚の組織からなる白っぽい塊です。痛みやかゆみといった症状がみられることは少ないですが、搔きむしると水いぼの中に入っているウイルスが指先につき、そこから感染が次々と周囲に広がってしまうことが多いです。皮膚のバリア機能が未熟な7歳以下の子どもによくみられる皮膚の感染症の一種です。


水いぼの原因

水いぼは接触感染によってうつります。例えば、水いぼ自体は痒くないですが、どうしても水いぼの部分が気になって触ったり、搔きむしったりした指先で体のあちこちを触ると感染が広がります。また、直接触らなくても、タオルや洋服、おもちゃなどを共用することで水いぼに感染することもあります。


水いぼの治療

水いぼの治療法としては、ピンセットでつまみ取ったり、液体窒素で水いぼを焼いてウイルスを殺す治療がありますが、痛みを伴うだけでなく、いぼを全部取ったとしても、また新しいところに水いぼが出来てしまうこともあります。

基本的に治療をしなくても1-2年くらいでウイルスに対する免疫ができて自然によくなります。ただし、自然に治るとはいっても水いぼが治るまで、長期間かかることが多く、保育園や幼稚園によっては、プールに入れてもらえないケースもあります。

いぼの数が多い、通っている園の方針などの理由で治療を希望される場合は、体の免疫機能を整える漢方(ヨクイニン)を処方することもあります。

お子さんにとってどの治療がいいかは、病気の症状だけでなく、ご本人の性格や生活習慣と併せて考える必要があります。
水いぼの症状でお悩みの場合は、まずは当院までご相談ください。


登園・登校について

以前はプールに入ることで水いぼの感染が拡大すると言われ、水いぼができるとプールを禁止したほうが良いと考えられてきました。しかし、現在では、ビート板などの共用などが原因であることがわかり、水いぼのお子さんにプール自体を中止する必要はないと考えられています。
ただ、保育園や幼稚園の方針によって異なりますので、水いぼの場合は一度、園や学校の先生に確認したほうがいいでしょう。


アトピー性皮膚炎・湿疹のお子様は要注意

ていると水いぼをもらいやすくなります。また、湿疹の部分と一緒に水いぼを掻きむしることで、全身に水いぼが広がってしまいます。皮膚の乾燥や痒みを伴う湿疹を放置せず、保湿剤などでできるだけ皮膚の保湿やスキンケアを心掛けるようにしましょう。

また、

  • 水いぼを搔きむしって化膿したとき
  • 水いぼの周りに湿疹ができて痒いとき

上記の症状があるときは、早めに受診しましょう。


監修 小児科専門医 豊原啓子